読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなこと、好きなもので人生を豊かに。

私は私らしくありたい。自分にとって必要なものだけに囲まれて暮らすのが夢です。

かぶの葉っぱは食べれるから捨てないで 葉っぱの美味しい食べ方5つ

食べ物 レシピ

スポンサーリンク

なかなか下がらない野菜の価格。
葉物やキャベツは、まだまだ高くてなかなか買えないですが、
今が旬のかぶがわりと安かったので先日、買ってきました。

で、ネットでレシピをいろいろ見ていたら、
かぶの葉っぱを捨ててる人が意外といることを知ってビックリ。

食べれないと思っているのか利用法がわからないのか・・・
葉っぱの部分は、ビタミンやカルシウムが豊富だし美味しいです。
捨てたらもったいない!

と言うわけで、今日は、かぶの葉っぱの美味しい食べ方をご紹介します。


かぶの葉っぱの簡単で美味しい食べ方5つ

f:id:romi03:20161111153642j:plain

私は、包丁でザクザク刻んで油で炒めることが多いです。
世間では、コレは、「ふりかけ」と言うらしいですね。
少し濃い目に味付けすると長く保存できるから、常備菜として大活躍。

1.ふりかけ

味付けはコチラを参考に♪

cookpad.com


f:id:romi03:20161111155316j:plain

葉っぱを洗って、包丁で1センチ弱ぐらいの幅に刻みます。


f:id:romi03:20161111155334j:plain

フライパンを熱して油を入れ、刻んだ葉っぱを投入。
ある程度炒めたら、砂糖、醤油、みりん、酒、ほんだしなどの調味料と白ごまを入れて、さらに炒めます。

水気がなくなり、しんなりして火が通ったら完成です。
仕上げにゴマ油をたらすと、ゴマの香りが食欲をそそります♪


f:id:romi03:20161111155353j:plain

器に盛り付けたところ。

ご飯のお供にピッタリです^^

2.煮浸し

3センチ幅くらいの長さに切って、鍋に、だし汁、砂糖、醤油、みりん、酒などの調味料を入れて、葉っぱに火が通るまで煮ます。
すぐに火が通るので煮すぎには注意です。
あれば揚げや、ちりめんじゃこを入れると、さらに美味しくなります。

3.浅漬け

2~3センチ幅くらいの長さに切って、塩漬けに。

4.炒め物

↑の1は、葉っぱだけを炒めましたが、
卵やベーコン、お肉などと炒めて副菜に。
味付けは塩、こしょう、醤油やめんつゆなどお好みでどうぞ。

5.おひたし

やわらかい葉っぱがたくさん手に入ったら、
塩少々を入れたお湯でサッと茹でて冷水にとり水気をしぼり、
3~4センチ幅の長さに切っておひたしに。

カツオブシとお醤油でもいいし、
ポン酢をかけて食べても美味しいです。

おわりに

かぶの旬は年に2回。
3~5月の春と、10~11月の秋です。
丸い玉のところも美味しいけれど、葉っぱも美味しく食べられるので、新鮮なかぶ(の葉っぱ)が手に入ったら、調理してみてくださいね^^